ニュースリリース

「YANMAR FUTURE’S CUP 2016」にてトラッキングデータとプレーデータの取得、提供をしました

2016年11月30日 サービスサッカー

データスタジアム株式会社(代表取締役社長:加藤善彦、本社:東京都港区)は、11月5日、6日にJ-GREEN堺、およびヤンマースタジアム長居で開催されましたU-12世代(小学6年生以下)のサッカー大会「YANMAR FUTURE’S CUP 2016」においてトラッキングデータとプレーデータの取得、および提供を行いました。「YANMAR FUTURE’S CUP」は、「未来に挑み続ける、サッカー大会」をコンセプトに掲げ、“挑戦し続けることが未来をつくる”と信じてやまない選手と指導者が集うサッカー大会です。全員で“未来のサッカー”に挑み、模索することで、ワクワクする体験で溢れた場になることを目指しています。

 

選抜チームによるエキシビジョンマッチ「YANMAR Exciting Match」と決勝戦の2試合において、選手の走行距離やトップスピード、スプリント回数などのトラッキングデータとボールタッチベースのプレーデータの2種類のデータの取得を実施いたしました。
トラッキングデータは試合当日、スタジアムのオーロラビジョンで表示し、観客の皆様に楽しんで頂きました。一方、プレーデータについては後日データレポートの形式にし、対象チーム、選手に配布されます。

 

データスタジアムでは、これからもジュニア世代でのデータ活用にも力を入れてまいります。

 

■データスタジアムとは

データスタジアムは、2001年の設立以来、Jリーグ・プロ野球・ラグビートップリーグなどのデータを取得・蓄積・分析し、スポーツ団体やチーム・クラブ・選手に対して強化や戦術向上のためのソリューションを提供しています。また、ファンやメディアに対しても様々なデータやデータを活用したエンターテインメントコンテンツを提供し、スポーツの新しい楽しみ方を提案しています。

■本件に関するお問い合わせ先

データスタジアム株式会社  広報:細田・丸山
電話:03-3585-3558 E-mail:ds_press@datastadium.co.jp

  • 採用情報
  • おしらせ
  • 掲載事例

ページトップヘ