エンジニアインタビュー

テレビやWEBなどのメディア向けや、プロアマスポーツチーム向けなど様々な分野で活躍する当社エンジニアをご紹介します。

高田 裕之 – 運用サービスエンジニア

― Q.データスタジアムに入社する前のことを教えてください。

前職でもデータを扱う仕事をしていたのですが…BI(ビジネス・インテリジェンス)のSIerで、BIシステム開発、保守、データ管理などを行っていました。電鉄や化粧品、銀行、保険など様々な会社とやり取りしていました。データを扱うためのサーバーやデータベースを構築して、BI環境やレポートをクライアントに提供するというものです。

電鉄などは、乗客だけでなく沿線地域の人や店舗情報など多様なデータを扱っていましたね。使っていた言語は、ツール開発ではJavaが多かったです。データを扱うことが中心になるので、SQLは当然のように使っていました。多くのデータを扱っていた経験は、データスタジアムの今の仕事にも繋がっていますね。

― Q.データスタジアムを選んだ理由を教えてください。

もともと数字やデータが好きだったのはあるんですが、正直スポーツでなくても良かったんです。スポーツは興味のある分野のひとつってぐらいで…(笑)前職ではクライアントが収集したデータをクライアントが分析しやすくする仕事だったのですが、今度は自ら収集したデータを自らで分析したいなと思ったのが入社のきっかけです。

入社後も、データスタジアムでは自分たちでデータの取得項目から設計して運用し、蓄積したデータを活かすも殺すも自分たち次第というのを実感しているので、その辺りはやはり面白いですね。

― Q.現在、高田さんが行っているお仕事について教えてください。

今やっているのは、一言でいうと「データの品質管理」ですね。具体的には、野球のデータ入力システムの開発や保守、配信システムの運用や配信ファイルの開発など、メディア向け配信事業の入力から配信までシステムのいろいろを担当しています。

もともとは運用担当として業務をスタートしましたが、今はシステムのバグ修正やチェックツールの作成などエンジニアとしての業務がメインになりました。データ入力では当然ミスや漏れが起こるもので、それを過去には人がチェックしていたんですが、多くのコストがかかるという課題がありました。

前職で開発の経験もあったので、このデータチェックをシステム化する仕組みを考えて、開発して導入しました。あまり大掛かりにしたくなかったので、VBAやシェルスクリプトで簡易的に動く仕組みにしたんですが、その効果は大きかったですね。コンセプトや効果という面で、社長賞にもエントリーさせていただけました。

― Q.これまでの業務で印象に残っているものは?

プロ野球チーム向けのシステム管理を行ったことですね。データスタジアムで入力したデータや映像を統合して観られるモバイルPOSというシステムがあって、選手名で検索するとその選手のプレイ映像が観られるとか、もっと細かく例えば球種や塁状況や打球性質など様々な条件で絞り込んで観ることもできるんですが、いくつかのプロ球団にも提供しているんですよ。

監督やコーチ、選手が試合前に観て対策を練ったり、試合後にプレーを確認したりするのが、もはやあたりまえのようになっていますが、実際に有名な選手が自分の設定したツールやデータを閲覧したり、使っていただいているというのはやはり感動しましたね。

― Q.今の業務で工夫していることはありますか?

データの入力や配信業務については、「常に同じ品質で」「何事もなく」っていう「無失点」が普通なんですよね。例えば、野球として成立しないことやルール上起きてはいけないことが起きないようにするのは当たり前で、その上でより「良い」ものにしていくためのアイデアを出したりすることは心がけています。

また、その中で自分の手でできるところは随時改修したりするようにしています。ただ、システムを使ったときに「このほうがいいな」というのに気付けるようになり、それがすぐにシステムに反映できる環境はとてもいいですね。

前職のときは作って終わりということも多かったので、作ったその先を考えるスキルもなかなか上がらなかったんです。でも今は、「こういうことがしたいけど、どうしたらいいだろう」って思ってたときに、それを実行するためのスキルを習得して、そのまま実行に移すことができます。よくも悪くも、いろんなことをすぐ実践できる環境です。なので、前職のときよりエンジニアスキルが上がってるかもしれませんね(笑)

― Q.最後に、どんな方にデータスタジアムはおススメですか?

自分の開発したものがどのように使われているかが気になる、フィードバックをもらいたい人にはおススメです。システムは開発して終わりではなく、開発期間以上の運用期間があります。その点、データスタジアムは自分が開発した入力ツールを運用するスタッフと距離が非常に近く、どのように使われているか常に見ることができるんです。

また「UIをこうしてほしい」「この制御を入れてほしい」などの意見交換が常にできるのは、データスタジアムの体制のいいところだと思いますね。使う人がそばにいるというのは、エンジニアにとってとても貴重なことですから!

片岡 基 – プロジェクトマネージャー(サッカー)

― Q.データスタジアムに転職した理由を教えてください

もともとサッカーとプログラミングが趣味で、「スポーツ×IT」で会社を探したときに小さなベンチャー企業などがたくさんあるなかで、その中でも一番有名だったのが「データスタジアム」だったんですよね。

前職では長いこと同じ会社に勤めていたので、少しずつ緊張感が薄れてしまってきたんです。会社的にも、自分の仕事的にもITの業界とは反比例して保守的な感じで・・・。仕事が落ち着いてきたタイミングで「新しいことに挑戦したい」「攻めの仕事をしたい」という気持ちが芽生え、刺激を求めて転職を決意しました。

社会的インパクトがあるような仕事がしたいと思ったことが、データスタジアムへの入社のきっかけです。ロゴ自体を目にする機会がすごく多くて、記憶に残っていたので、「IT」の分野で仕事をするということと「サッカー」を組み合わせたら「データスタジアム」しかないと思いました!

― Q.データスタジアムに入社する前のことを教えてください

高校を卒業して、大学に入学したんですがグラフィックの勉強がしたくて、1年で大学を辞めてしまいました。そのあと、グラフィック専門学校に通って、前職の会社にWEBデザイナーとして就職しました。

でも、そこで「プログラミングやってみない?」みたいな形でプログラミングを始めたんです。前職は業務システムを受託専門で作る会社で、デザインとかはあまりこだわりなかったんですよね。

一からプログラミングを勉強しながら、最初は先輩から言われて小さいシステムを少しずつ作ることから始め、その後はお客様のところへ伺って要件定義をしたり、全般的な開発から運用サポートまでいろんな業界のものを手掛けました。使っていた言語はJava、DBはOracle、MySQL、OSはLinux、Windows Server、クラウドはさくらのクラウド等ですね。

― Q.現在、片岡さんが行っているお仕事について教えてください

今はサッカーのチーム向け分析システムのリニューアルに主に携わっています。今回のシステムは外部の会社さんにも協力いただいているので、社内のプロジェクトリーダー的に要件定義や設計などデザイン面も含めてプログラミングまでのつなぎ役としてさまざまな調整を行っています。

その他にも、Amazon Alexa向けスキルの開発や野球向けのマルチアングルカメラのシステム開発などもやったことがあります。

データスタジアムに来てPHPやAzure、AWSを本格的に使い始めました。PHPのフレームワークLaravelは非常に良くできていて使っていて楽しいですね。また、映像系の仕事が多く、Evostreamやffmpeg、AWS MediaServicesといったソフトウェア、ソリューションをよく使うので、勉強して詳しくなりました。

― Q.これまでの業務で印象に残っているものは?

今まさに進行中のサッカーのチーム向け分析システムのリニューアル業務は、サッカーという面からも、技術的な面からも非常に興味と情熱を持てるプロジェクトです。AuroraやMediaConvert、S3、CloudFront等、AWSの色々な機能を組み合わせて構築しています。

これほどの規模のプロジェクトは初めてで、新しい技術を勉強しながら進めることができるのも楽しいですね。このシステムが完成することで、クラブの試合分析や戦術を考えるためのサポートができる、貢献できる、間接的にでも「チームを強くすることができる」というのは本当に嬉しいです!日本サッカーを強くする要素のひとつに自分がなれる!という感じです。

― Q.では、これからチャレンジしていきたいことはありますか?

サッカー人口が増えてきている中で、アマチュアの選手やチーム向けに提供できるサービスがまだ少ないんですよね。ITなどの環境が変化するのにあわせて、それにあったサービスを展開していきたいと思っています。

「新しい事業を作っていく」ということをやっていけたらいいなと。プロの世界では当たり前の映像を使った分析も、アマチュア向けにも展開していきたいですし、そうすることで競技レベルが上がっていく可能性があるのではないかと思っています!

― Q.最後に、どんな方にデータスタジアムはおススメですか?

データスタジアムは刺激的な環境で仕事をしたいという方にはうってつけの会社です。プロ野球やJリーグのチームの中心にあるシステムを開発したり、選手が直に使っているサービスを提供したり、現場の人(コーチや分析担当など)の声を直接聞くことができる職場ですからね。「日本のスポーツの中心地で仕事してる」ということが実感できます!

池田 哲也 – プロジェクトマネージャー(野球)

― Q.データスタジアムに入社する前のことを教えてください。

データスタジアムへの入社前にも実は何社か経験しているのですが、広告系の企業等でエンジニアをやっていました。具体的には広告を配信する仕組みを作ったりしていたんですが、いずれも短いサイクルで開発したり、改修したりしていましたね。システム開発で使用していた言語はPythonやPHP、Ruby、Cなどです。

また、広告系の会社ではデータ分析を担当するアナリスト用にプログラムを書いたり、データ整備などもしていました。その時は、SQLやR、Pythonを使って大量データを扱うことが多かったです。

その他にも、2~3人のチームから10数人のチームをマネージャーとして管理したり、サーバーを含めてインフラ環境を構築するために自分で手を動かしたり…。やってきたことは多岐にわたりますね。

「大規模なデータを活用して広告やサイトを最適化していく」なかで、データの種類やその技術の進化を追いかけて、さまざまな企業で経験を積みました。

― Q.データスタジアムを選んだ理由を教えてください。

2015年12月に開催されたSAJ(スポーツアナリティクスジャパン)で斉藤さん(現データスタジアム執行役員 兼 フットボール事業部部長)の話を聞いたんですよね。そこで、「これからどういった取り組みをしていきたいですか?」という質問に対して、「育成年代にまで今のサービスを広げていきたい」というお話しをされていました。ちょうど転職活動中で、そもそもどういう道に進むかを悩んでいるときに「これだ!!」と思いました。

ずっとサッカーが好きで、応援しているチームにも個人的に結構深く関わるような活動をしていたんですが、ずいぶん内情などもわかってきて、「仕事でも、サッカーに、スポーツに貢献したい!」という気持ちをちょうど持ち始めた時期だったので、迷わず飛び込んでいきました。

― Q.現在、池田さんが行っているお仕事について教えてください。

今はプロ野球の球団向けに、データ統合管理システムの開発プロジェクトに携わっています。もともとデータスタジアムで持っているチームや選手のプレーデータと、球団側で管理しているスカウト、フィジカル、怪我などさまざまなデータを、統合的に管理、分析できるシステムです。

球団でエクセルやツールなどで独自に管理していたデータを、データスタジアムが持っているデータやノウハウと掛け合わせることで、データ管理が効率化できたり、新たな視点で分析できたり、多くのメリットが生まれてきます。

プロジェクトマネージャーの仕事は、球団の要件や課題をヒアリングしたり、開発会社に要件を伝えたり、調整などを行います。規模の大きなプロジェクトを管理して遂行していくので当然苦労もありますが、そのかわり「チームの核となるシステム」を作るというのは、とてもやりがいがありますね。

アプリケーションを作るだけでなく、AWSやAzureといったクラウドの管理や設計、運用もしてます。VMの利用以外に、ネットワーク周りの設定や、セキュリティ関連の対応、DBサービスなどのサービス利用といったところにも携わっています。もともとインフラ系の人間というわけではないんですが、アプリケーションのみならず、インフラ面も意識した対応ができるといった広い範囲をこなせるというのも魅力ではありますね。

細かいところでいうと、試合中にトラッキングデータなどの大容量データをリアルタイムで受け、クラウドサービスのオブジェクトストレージやオブジェクトデータベースに格納しつつ、サーバレスのサービスで構築したAPIでほぼリアルタイムにアプリケーションに送信する、といった取り組みは面白かったですね。

― Q.今まででやりがいのあった業務はなんですか?

今の球団向けデータ統合管理システムの開発以外にも、陸上の大きな大会のときにチャットボット(対話自動化)サービスを開発したり、体操競技の映像分析システムを構築したりしてきました。

なかでも、体操のシステムのときは、そもそも動画(映像)自体をちゃんと扱うのも初めてで、映像機材に触れたこともなく、開発で出てくる単語などもわからないことだらけでした。それでも、わからないことを1つずつ覚えながら進めて、サービスインまで手掛け、お客さんの喜びの声を聞いたときは本当に嬉しかったです。

微力ながらそのチームの勝利に関われた気がして、今までとは違う感動がありましたね!

― Q.最後に、どんな方にデータスタジアムはおススメですか?

ITでの経験をスポーツの世界で役立てたいという方にはおススメです!正直、技術力は入ってから学ぶかたちでもいいと思うんです。選手やチームに自分の開発したものを使ってもらえる環境はそうそうありませんから。

実際、チームの方から喜びの声を聞けるのはモチベーションが上がりますし、スポーツイベントなど世の中を盛り上げているチームの核になる部分に自分が関わっていることを実感できるのはこの仕事の醍醐味だと思います!

エンジニアとしてスポーツを支えたい、
チーム強化の力になりたいなど、
一緒に働いていただける方を募集しています。

採用情報を見る

エンジニアトップ エンジニアインタビュー エンジニアレポート

  • 採用情報
  • おしらせ
  • 掲載事例

ページトップヘ