エンジニアレポート

Supernova Studioはモバイルアプリ開発に革命を起こす? 〜「Flutter Meetup Tokyo #13」へ登壇

2019年12月18日

データスタジアムのエンジニア、片岡です。

最近気になっている技術の1つにFlutterがあります。
Googleが開発し、無償で提供しているクロスプラットフォームアプリ開発環境です。プログラミング言語はJavaの流れを汲むDart(これもGoogle製)で、1つのソースコードでiOS、Androidのアプリが作成できます。最近はWebやMacアプリも作れるようになってきています。

Flutterの勉強を個人的に始めていたのですが、その過程でSupernova Studioというソフトに出会いました。

そんな時ちょうどFlutter Meetup Tokyo #13が開催されることを知り、LT(ライトニングトーク)を申し込んでSupernova Studioについて話してみようと思い立ちました。MacにSupernova Studioをインストールして色々と触って検証しながら資料を作り、去る12/10にこちらの発表資料でLTをしてきました。

資料内にある通り、この時点ではV8.0で色々と問題があり、まだまだFlutterで本格的な利用は難しいなという状況でした。

LTが終わってその夜、V8.1がリリースされ、さらに翌日には8.2がリリース。
さらにGoogle主催の大規模イベント、Flutter Interact 2019にてSupernovaのCEO兼CTOのJiriがプレゼンし、Supernova StudioでのFlutterプロジェクトはエクスポート機能含めてフリーで利用できるようになるというビッグニュースが発表されました。

Supernova Studioが完璧に機能するようになると、デザインから実際の動くアプリを作るまでが非常に速くなり、開発の現場に革命を起こすことになると思っています。

かつて2005年頃にWebアプリケーションをJavaで開発していた頃、Eclipse(IDEの走り)を初めて触って衝撃を受けた事を思い出しましたが、Supernova Studioにはそれ以来の衝撃を受けました。

引き続き、ウォッチしていきたいと思います。

エンジニア募集中!

データスタジアムでは一緒に働いていただけるエンジニアを募集しています。野球、サッカー、バスケなどスポーツが好きな方であれば、とても面白い仕事ができる会社です。興味を持たれた方はぜひこちらをご覧ください。

エンジニアトップ エンジニアインタビュー エンジニアレポート

  • 採用情報
  • おしらせ
  • 掲載事例

ページトップヘ