ニュースリリース

スタジアムビジョン管理システムを札幌ドームに導入
~球場全体をエンターテインメント空間に~

2015年03月27日 野球

データスタジアム株式会社(代表取締役社長:加藤善彦、本社:東京都世田谷区 以下、データスタジアム)は北海道日本ハムファイターズ株式会社(代表取締役社長:竹田憲宗、本社:北海道札幌市 以下、北海道日本ハムファイターズ)の本拠地札幌ドームの新大型映像設備(ビジョン)向けに、スタジアムビジョン管理システムを新たに開発し、提供いたします。

■システム導入にあたり

北海道日本ハムファイターズが本拠地を置く札幌ドームでは、本年よりプロ野球の本拠地球場で初めてとなる黒色パッケージLEDが採用され、高コントラストで最高解像度のフルハイビジョンを搭載した大型映像設備が設置されました。この最新鋭の環境をフル活用するため、スタジアムビジョン管理システムを開発いたしました。

■ビジョンの表示について

試合の基本情報からチーム・選手の特徴を表すデータなどデータスタジアムが保有するデータと野球に関する知見を駆使し、観客の皆様へ楽しんでいただける演出を可能にしました。
また、今までのビジョンでは実現が難しかった革新的なデザイン表現が可能になり、球場全体をエンターテインメント空間として試合の進行・演出を観客の皆様とともに作り上げていきます。

2015年シーズンの開幕戦3月27日の北海道日本ハムファイターズVS東北楽天ゴールデンイーグルス戦より本格導入を予定しています。是非札幌ドームに足を運び、お楽しみください。

なお、コンテンツデザイン及びシステム開発にあたっては株式会社サイトフォーディー(代表取締役:隈元章次、本社:東京都江東区)のご協力を得ています。

■データスタジアムとは

データスタジアムは、2001年の設立以来、Jリーグ・プロ野球・ラグビートップリーグなどのデータを取得・蓄積・分析し、スポーツ団体やチーム・クラブ・選手に対して強化や戦術向上のためのソリューションを提供しています。また、ファンやメディアに対して様々なデータやデータを活用・応用したエンターテインメントコンテンツも提供し、スポーツの新しい楽しみ方を提案しています。

■本件に関するお問い合わせ先

データスタジアム株式会社  広報:細田・畠山
電話:03-5431-3505 E-mail:ds_press@datastadium.co.jp

本件に関するご質問は
下記フォームからもご相談いただけます。

お問い合せ

ニュースリリース一覧へ

  • 採用情報
  • おしらせ
  • 掲載事例

ページトップヘ