ニュースリリース

錦織圭選手の競技、「テニス」へのライブ観戦意向が躍進。
黒田博樹選手の日本球界復帰にも好感。
~第29回 アスリートイメージ評価調査 2015年3月調査より~

2015年04月02日 その他

データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)は、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎)、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「第29回 アスリートイメージ評価調査」を実施いたしました。

■調査結果■

今回の調査において“スタジアムや会場で観戦したいスポーツ”を聞いたところ、「フィギュアスケート」が26.5%と最も高い結果となりました。また、その後の順位は「プロ野球(国内)」「ワールドカップサッカー」「オリンピック」に続き、「テニス」が5位となりました。「テニス」は2013年3月調査時の14位に比べ大きく順位を上げ、ライブ観戦に対する意向が高まりつつあります。背景には錦織圭選手の活躍もありそうです。

アスリートのイメージ項目において目立ったのは、今季からNPBに復帰している野球の黒田博樹選手でした。黒田選手はイメージ総合ランキングで7位に入っており、2013年8月調査の28位から大きく躍進しています。各イメージ項目ランキングにおいては「誠実な」アスリート、「生き方や発言に共感できる」アスリートそれぞれにおいて2位にランクインしています。黒田博樹選手の日本球界復帰に関して、多くの人々がアスリートとしての行動、姿勢に心動かされていることがうかがえます。

- スタジアムや会場で観戦したいスポーツ
1位:フィギュアスケート 2位:プロ野球(国内) 3位:ワールドカップサッカー 4位:オリンピック 5位:テニス

- アスリートイメージ総合ランキング
1位:イチロー(野球) 2位:錦織 圭(テニス) 3位:羽生結弦(フィギュアスケート) 4位:浅田真央(フィギュアスケート)
5位:田中将大(野球) 6位:吉田 沙保里(レスリング) 7位:黒田 博樹(野球) 8位:内村 航平(体操)
9位:長谷部 誠(サッカー) 10位:本田 圭佑(サッカー)

- 「誠実な」アスリート
1位:長谷部 誠(サッカー) 2位:黒田博樹(野球) 3位:羽生結弦(フィギュアスケート) 4位:白井健三(体操) 5位:イチロー(野球)

- 「生き方や発言に共感できる」アスリート
1位:イチロー(野球) 2位:黒田博樹(野球) 3位:長谷部 誠(サッカー) 4位:錦織 圭(テニス) 5位:工藤公康(野球)

■ アスリートイメージ評価 各種ランキング ■

1)「華やかな」アスリート
1位:浅田真央(フィギュアスケート)
2位:本郷理華(フィギュアスケート)
3位:羽生結弦(フィギュアスケート)
4位:錦織 圭(テニス)
5位:村上佳菜子(フィギュアスケート)

2)「爽やかな」アスリート
1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
2位:錦織 圭(テニス)
3位:武藤嘉紀(サッカー)
4位:宇野昌磨(フィギュアスケート)
5位:石川遼(ゴルフ)

3)「明るい」アスリートには、
1位:村上佳菜子(フィギュアスケート)
2位:吉田沙保里(レスリング)
3位:川澄奈穂美(サッカー)
4位:浅田真央(フィギュアスケート)
5位:前田健太(野球)

4)「存在感がある」アスリート
1位:イチロー(野球)
2位:白鵬(大相撲)
3位:本田圭佑(サッカー)
4位:ダルビッシュ 有(野球)
5位:田中将大(野球)

5)「勢いを感じる」アスリート
1位:錦織 圭(テニス)
2位:大谷翔平(野球)
3位:羽生結弦(フィギュアスケート)
4位:宇野昌磨(フィギュアスケート)
5位:逸ノ城(大相撲)

■調査概要■

・調査方法:Web調査
・調査地区:首都圏+京阪神圏
(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)
・調査対象者:対象エリアに在住の15~69歳の男女
・有効回収サンプル数:600サンプル
・調査期間:2015年3月12日~20日

■本件に関するお問い合わせ先

データスタジアム株式会社  担当者:糸満(いとみつ)
TEL:03-5431-3510  FAX:03-5431-3554
E-mail:ds_press@datastadium.co.jp

本件に関するご質問は
下記フォームからもご相談いただけます。

お問い合せ

ニュースリリース一覧へ

  • 採用情報
  • おしらせ
  • 掲載事例

ページトップヘ