データフープ

サービス概要

バスケットボール専用の分析システムです。撮影した試合映像をPCに取り込み、映像を再生しながら「いつ(映像時間を自動取得)」「どこで(座標指定)」「誰が(選手指定)」「なにをした(プレー指定)」を入力していきます。 入力したデータから、見たいプレーシーンを容易に検索することができます。また、さまざまなスタッツデータを分析してチームの課題やライバルの弱点を探れます。 入力と分析をこのシステムひとつで行うことが可能です。

特徴

  • 座標レベルでプレー情報を入力するので、プレーをエリアごとに集計して分析することやボールの遷移を図で表示することができます
  • プレーデータと映像がリンクしているので、見たいプレーシーンをデータから検索し、すぐに映像で確認可能です
  • 気になったシーンは簡単にファイルとして出力することができるので、映像の編集や選手への共有などが手軽にできます
  • データ入力を当社にて行うサービスも用意しています。これまで短い試合間隔の合間に限られたデータの分析しかできなかったチームも、より多くのデータから分析を行うことが可能です

※Windows7日本語版がインストールされたPCが必要です

画面イメージ


  • メニュー画面


  • 基本情報画面


  • 分析画面

サービスに関するご質問や料金は
下記よりご相談ください。

お問い合せ

サービス一覧へ戻る事例紹介をみる

  • 採用情報
  • おしらせ
  • 掲載事例

ページトップヘ